支援センターに行ってみる

保育園にまだ入れる予定がないので支援センターに連れて行くことにしました。

家の中では自分の好き勝手やりたい放題の王子様のように暴れまくっている子供ですが、他の子どもがこわいみたいで後ずさりして端っこの方に行ってしまいます。

前は子供をみると興味があって、よく見てたりして、こっちから寄っていこうとしていましたが、自分よりも活発な動きの良い子供達にはとても消極的になってしまいます。

支援センターには2回行ってみましたが、まだ慣れていない様子。他のイベントでもそうです。

お外が大好きでお砂場遊びがすごく楽しかったみたいで嫌がる子を砂場のおもちゃから離して、抱えて帰らせるのが大変でした。

大好きなお砂場で遊ばせてあげたいけど、近くにお砂場のある公園がありません。駐車場がないと行けなかったりもするし・・・いい場所探さないといけません。

隣の芝生は青く見える最終回の感想

「隣の芝生は青くみえる」が終わりました。

とっても楽しみにしていたドラマだったので残念です。

正直、妊活中にみるのは辛かったかもしれません。でも、いろんな人、考え方を改めて知ることができるし、ナナとダイキの姿をみて勇気をもらう人もたくさんいたと思います。

最終回の前話でナナは完全流産してしまい、ダイキの前からいなくなりました。
ダイキと別れる覚悟をします。

しかし、ダイキはナナと別れる気はありません。

ナナはもう妊娠できないわけではありません。ただ、ダイキと一緒にいるのが辛くなった。治療を続けていく自信がない。今なら別の女性とやり直せる。

ダイキはナナがいなくなってから抜け殻みたいになっていました。
ダイキの母はナナを懸命に説得します。妻が辛い時に夫も辛い思いをするのが夫婦。

ナナはダイキのところに戻ります。

 

ドラマだから何話と決まっているし、最終話の展開が早くて、ナナが別れると決断したのにちょっと納得がいかない部分がありました。ナナとダイキのような仲良し夫婦なら、不妊治療をやめてしまっても別れるはずがないだろうという思いがどこかにありました。
2人とも子供が大好きだけど、不妊治療してもなかなか子供ができないというとき、流産してしまったとき、ナナが悩んでいるときダイキも同じようにつらい気持ちになる・・・どちらか一方だけが苦しむのではなくて、お互いを思いやる気持ちをずっと持っていて、全部一緒、夫婦の温度差が感じられませんでした。

そういう夫婦はきっと大丈夫なのだと思います。思いやる気持ちって大事。

子供がいないからって幸せじゃないわけじゃない。

ダイキは最初子供のいるファミリー向けだった大型施設もいろんな人たちが利用出来るような提案をします。

ハッピーエンド

 

このドラマの感想のコーナーはたまにみていました。この話の結末は赤ちゃんが生まれて欲しいという人。子どもがいない結末をむかえて欲しいという人がいました。

最終話はどちらにもとれます。ダイキとナナの将来は分からないけど、きっと二人は幸せに違いない。

コーポラティブハウスのみんなと2人がもうみれなくなるのはさみしいです。スペシャル続編で他の家族をピックアップしてやってくれないかなぁなんて願っています。

2人の未来については見た人の想像に任せた方がいいだろうし、終わり方が綺麗です。

隣の芝生は青く見えるで完全流産

不妊治療や同性愛、子供を持たない夫婦だったりいろんなテーマを盛り込んでいるドラマ「隣の芝生は青く見える」が今週最終回を迎えます。

体外受精で妊娠したナナ

ナナの夫のダイキはもちろん周りのみんなも大喜び

しかし、突然急激なお腹の痛みで倒れるナナ。出血もしています。

病院に運ばれますが、完全流産していました。

初期の流産は染色体異常がほとんど。

幸い受精卵がまだあるのでまたトライしましょう!と先生からは言われますが、ナナは浮かない表情。

確かに体外受精をするなら早い方がいい。早ければ回数も多く挑戦できるかもしれない。そうすれば妊娠する確率は上がる。

しかし、そういう風に割り切れるものではないんですよね。

私の場合は稽留流産で赤ちゃんは心臓が止まったままお腹の中にいました。そのまま待っていると激しい腹痛と一緒に出てくると話を聞きましたが、不安でしょうがなくて手術で取り出してもらうことにしました。

完全流産は全て出てしまった状態なので手術は必要ありません。ナナをみて、もし、完全流産だったらこういう風になっていたのかも・・・と当時を思い出しました。

ナナの家族たちはみんなオープンで一緒に喜びを分かち合ってくれていましたが、私は一度流産してまた流産するのが怖くて妊娠したことを周りに伝えたのはだいぶ後になってからです。

ナナも言っていましたが、妊娠初期って手放しで喜べる状態ではないんですよね。私は安定期に入っても無事に産まれてくるまでずっと不安でした。生まれてから色々不安材料ありましたが・・・

ナナの手紙に 私は赤ちゃんが欲しかったんじゃなくて大ちゃんをパパにしてあげたかった と気づきました

と書いてあったところ(ニュアンスちょっと違うかもしれません)よくわかります。赤ちゃんも欲しいんだけど、やっぱり妻は子供が好きそうな夫をお父さんにしてあげたいものなんです。

隣の芝生は青く見えるをみると、切なくなって泣いてしまいます。

最終回ではどういう展開になるのかまだわかりません。もう一度不妊治療をするのか。妊娠するのかしないのか。でも、きっと心に響くエンディングになるのだと思います。